複合疲労試験機

この装置について
一般的な引張・圧縮方向に加え、ねじり方向の疲労試験も可能で、医療用製品の試験規格などにも対応可能な装置です。
用途・特徴について
1.引張・圧縮(最大荷重±10kN)、ねじり(最大トルク±100Nm)およびこれらの複合試験が可能

2.丸棒や板の状態で固定可能なグリップおよび製品の取り付けに便利なT溝付き定盤を装備

3.リニア―モーターによる消費電力および騒音の大幅な低減
名称・型番について
インストロンジャパン製 Electro Pulse E10000 
利用するには

本装置は依頼試験や受託研究でご利用いただけます。詳細な利用方法については、担当までお問合せください。

【問い合わせ先】機械・材料技術部 材料評価グループ