抗菌・抗ウイルス性能評価サービスのご案内

日ごろより当試験室をご利用いただき、誠にありがとうございます。
なお、新型コロナウイルスを用いた抗ウイルス性能評価のお申込みについてはこちら(ここをクリック)をご覧ください。。

【留意事項】
*電話でのお問合せ・ご依頼はお受けできません。
*混雑が予想されるため、お問合せの返信までに1週間程度かかる場合がございます。
*試験仕様の確定、申込書及び試験品の受領をもってお申込み完了とさせていただきます。
*お申込み完了後の試験仕様の変更は、軽微な変更(試験品名の変更など)を除き、お受けできません。
*お申込み時に「確認書」への同意が必要になります。事前にご確認ください。「確認書(ここをクリック)」
*試験結果の広告等への利用をご検討されている場合は必ず申込書の備考欄にご記入ください。事前のご相談がなかった場合、試験結果の広告利用を承諾できない場合がございます。承諾書の発行には1ヵ月程度お時間をいただきますのでご了承ください。
*試験結果及び報告書の納期指定はお受けできません。また、納期のお問合せについてもご遠慮いただいております。
*試験日程の予約等は一切おこなっておりません。
*請求書は報告書に同封いたします。事前に発行することはできませんのでご了承ください。

 

 


KISTECでは光触媒技術の研究開発・評価法の確立等を目指した取り組みを通じて、光触媒反応による抗菌・抗ウイルス性能評価試験法を確立してまいりました。

現在、抗菌研究室では下記のJIS試験を実施いたしております。

各種 JIS / ISO 規格試験

  • JIS R 1702 光触媒抗菌加工製品の抗菌性能試験方法・抗菌効果 (ISO 27447対応)
  • JIS R 1706 光触媒材料の抗ウイルス性試験方法−バクテリオファージQβを用いる方法 (ISO 18061対応)
  • JIS R 1752 可視光応答型光触媒抗菌加工製品の抗菌性能試験方法・抗菌効果(ISO 17094対応)
  • JIS R 1756 可視光応答型光触媒の抗ウイルス性試験方法−バクテリオファージQβを用いる方法(ISO 18071対応)
  • JIS L 1902 繊維製品の抗菌性試験方法および抗菌効果(ISO 20743対応)
  • JIS L 1922 繊維製品の抗ウイルス性試験方法 (ISO 18184対応)
  • JIS Z 2801 抗菌加工製品−抗菌性試験方法・抗菌効果(ISO 22196対応)
  • ISO 21702 Measurement of antiviral activity on plastics and other non-porous surfaces
  • ISO 19635 Fine ceramics (advanced ceramics, advanced technical ceramics) — Test method for antialgal activity of semiconducting photocatalytic materials

JIS / ISO 規格外試験

  • 海外規格を用いた抗菌性試験
  • 海外規格を用いた抗ウイルス性試験
  • グローブボックスを用いたウイルス噴霧による抗ウイルス性能評価試験
  • その他、試験品に応じた抗菌・抗ウイルス性能評価試験

使用ウイルス種・ファージ種・菌種

  • インフルエンザウイルスA型
  • ネコカリシウイルス(ノロウイルス代替)
  • Qβバクテリオファージ
  • φ6バクテリオファージ
  • 大腸菌
  • 黄色ブドウ球菌
  • MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)
  • MDRP(多剤耐性緑膿菌)
  • 肺炎桿菌
  • 緑濃菌

試験金額

  • ネコカリシウイルス、インフルエンザウイルス:¥45,000~/1ポイント
  • バクテリオファージ:¥8,000~ / 1ポイント
  • 細菌:¥6,000~ / 1ポイント
  • プレート写真撮影:¥300~ / 1枚
  • 写真データ作成料:¥1,000 / 1試験
    (DVD-Rを試験結果報告書に同封いたします)

試験サンプル

①ガラス片、タイル片、フィルム片などの平板状サンプル

  • 各種 JIS/ISO 規格標準サイズ:50 mm × 50 mm、厚さ 10mm 以内

 上記以外のサイズについても、試験を行うことは可能ですので、ご相談ください。

②布などの繊維状サンプル

  • 光触媒加工品以外のJIS/ISO規格標準量:0.4 g
  • 光触媒加工品のJIS/ISO規格標準サイズ:50 mm × 50 mm

 上記以外についても、試験を行うことは可能ですので、ご相談ください。

③液状

  • 液体試験サンプルは試験仕様に合わせて、必要量をご準備ください。

④フィルタ、小型空気清浄機、その他特殊な形状など上記以外の試験サンプル

  • 特殊な形状につきましては、形状に合わせた性能評価試験を組み立ててまいりますので、ご相談ください。

納期

 試験室にて「試験申込書」と「試験サンプル」を受領後、1-3ヶ月程度で試験結果報告書をお届けいたします。
(お申込み時の混雑状況により変動いたします。)

JNLAマークの付与

 JNLAマークは産業標準化法に基づく試験事業者登録制度の標章です。
 当試験室は抗菌分野の登録試験事業者であり、「JIS Z 2801」試験の試験結果報告書にJNLAマークを付与できます。(「130346JP」は当試験所の登録番号です。) また、弊所はAPLAC及びILACの相互承認の署名者であるIAJapanにより認定された試験室であり、認定国際基準に対応しています。

SIAAマークの申請

 SIAAマークは抗菌製品技術協議会が性能、安全性、適切な表示方法の3つの基準を満たした製品に与える自己認証を表明するマークです。
 当試験室は抗菌製品技術協議会より、抗菌試験(JIS Z 2801)のJNLA試験事業者(証明書発行機関)として、認定されています。当試験室で発行した試験結果報告書をもとに、製品のSIAA認証マークを得ることが可能となります。(認証基準などについてはこちらの規定及び試験法をご参照ください。)その他、抗菌製品技術協議会の活動やSIAA認証マークに関する詳細は抗菌製品技術協議会ホームページ等をご確認ください。

抗菌製品技術協議会ホームページ

PIAJマークの申請 

 PIAJマークは光触媒工業会が性能や利用方法が適切であると認めた光触媒製品に与える認証マークです。
 当試験室は光触媒工業会より、光触媒製品の全ての抗菌・抗ウイルス試験(JIS R 1702、JIS R 1706、JIS R 1752、JIS R 1756)の推奨試験機関として、認定されています。当試験室で発行した試験結果報告書をもとに、製品のPIAJ認証マークを得ることが可能となります。(認証基準などについてはこちらをご参照ください。)その他、光触媒工業会の活動やPIAJ認証マークに関する詳細は光触媒工業会ホームページ等をご確認ください。

光触媒工業会ホームページ

試験に関するご相談の際に…

試験に関するご相談、ご依頼をご検討の際には、おおよそで構いませんので、

  • サンプル種類(未処理サンプルも含む)
  • 使用菌種・バクテリオファージ種・ウイルス種
  • 光源の種類・強度
  • 照射時間
  • その他ご希望等

を合わせてご連絡いただけますと助かります。

お問い合わせ先

メール技術相談フォームよりお問合せください。