【分析事例】分光放射照度計による殺菌灯のスペクトル測定例について

川崎技術支援部太陽電池評価グループでは、紫外線の測定が可能な分光放射照度計(相馬光学製 S-2431 Model-II)を使用して殺菌灯のスペクトルを測定しました。

殺菌灯の外観

殺菌灯の形状は蛍光灯と同じですが、透明なガラス管でできています。

そもそも蛍光灯は両極のアーク放電で発せられた電子が、蛍光管中の水銀ガスと衝突して紫外線を発生させ、その紫外線が蛍光剤にぶつかって可視光に変換されます。

殺菌灯は、ガラス管内壁に蛍光剤を塗っておらず、紫外線をそのまま外部へ放射しています。

蛍光剤が塗布されていないので、「蛍光灯」ではありません。正しくは「低圧水銀放電管」といいます。

 

分光放射照度計による測定

先ほどの殺菌灯のスペクトルを分光放射照度計(相馬光学製 S-2431 Model-II)を使用して測定してみました。

 

このグラフは横軸に波長、縦軸に光の強さを表したものです。

人間の可視域(見える範囲)は380~780nmで、380nm以下を紫外線、780nm以上を赤外線といいますが、殺菌灯のスペクトルは250nm付近に集中していることがわかります。

このグラフではピークの部分が分かりにくいので、250nm付近だけを拡大します。

紫外線について

紫外線は(UV:Ultraviolet)波長によって3種類に分類されます。

UV-A 315~380nm
地表に届く紫外線の大半はこの波長で、比較的害は少ないとされていましたが、近年では肌の老化を促進するといわれています。

UV-B 280~315nm
地表に届くのは僅かな量ですが、エネルギーが強く、眼炎や皮膚癌を引き起こす可能性があり、特に高地では量が増えるので注意が必要です。

UV-C 200~280nm
オゾン層と大気の効果で地表には殆ど届きません。
UV-C の中で最も殺菌力の強い波長が253.7nmで、細菌、ウィルス、カビ等ほとんどの菌種に対して有効です。

 

測定をご希望される方へ

今回のようなスペクトル測定を実施した場合は料金表の

項目番号K3470 分光放射照度計によるスペクトル測定 1測定につき 9,680円 および

項目番号K3660 その他太陽電池性能試験に関わる作業 1時間につき 6,600円 が適用されます。

 

お問い合わせ

川崎技術支援部
TEL:044-819-2105 FAX:044-819-2108

お問い合わせフォーム