疲労試験機

この装置について


- クリックで拡大します -

用途・特徴について

主として金属材料を対象とした疲労破壊及び破壊靭性などの強度特性を評価します。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料(円)
E0415疲労試験 1時間以内1試料1条件につき 5,720
E0420疲労試験 8時間以内1試料1条件につき16,280
E0435疲労試験 8時間増(E0420,E0431に適用)8時間を超えて8時間増すごとに6,820

メーカー

インストロン・ジャパン株式会社

型番

油圧サーボ式材料試験機8802型

仕様

荷重容量:100kN/変位センサ性能:最高40Hz/試験温度:-150~350℃

導入年度

2000

 

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:機械・材料技術部 材料評価グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •