回路定数・測定解析システム

この装置について


- クリックで拡大します -
電子部品の低周波からマイクロ波帯域までの回路定数(インピーダンス、伝送損失等)を測定及び解析可能なマルチポート対応型ベクトルネットワークアナライザです。

用途・特徴について

本装置は回路基板や伝送ケーブル等の電子部品を設計する場合に必要となるインピーダンスや反射及び伝送特性(Sパラメータ)を測定することができます。測定ポートは最大18まで装備しているためLANやUSBケーブルなどのマルチポートケーブルの伝送特性も測定することができます。また、測定結果について時間領域解析(TDR、アイパターン等)も可能です。更に、内蔵する2信号源を利用したアンプの相互変調測定及びミキサーの変換利得測定にも対応しています。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) , 技術開発受託(受託研究) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料(円)
E0780ネットワークアナライザ測定(マルチポート)1測定につき 9,680
E0791ネットワークアナライザ測定(4ポートまで)1試料1条件につき7,040
E0792ネットワークアナライザ測定(4ポートまで) 1件増1条件増すごとに2,750
E1581電磁波シールド効果測定 (100kHz~1GHz、 KEC法)1試料1測定(電界または磁界)につき5,940
E1600マイクロ波電磁波シールド効果測定 (1GHz~ 8.5GHz、2焦点型扁平空洞)1試料1測定につき6,600
E1650三次元アンテナ指向性測定2時間まで44,110
E1660三次元アンテナ指向性測定 1時間増1時間増すごとに20,460

メーカー

ローデ・シュワルツ

型番

ZNB Vector Network Analyzer

仕様

周波数:9kHz~8.5GHz(4ポート)、10MHz~8.5GHz(18ポート)

導入年度

2017

 

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:電子技術部 電磁環境グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •