画像解析式粒度分布計

この装置について


- クリックで拡大します -

共焦点レーザーラマン顕微鏡に、粒度解析ソフトウエアを搭載した、分析機能付き粒度分布計です。粒子を光学顕微鏡で観察して、自動画像解析によって粒径分布(粒度分布)を評価します。精密ステージを備えており、多視野を画像合成(モンタージュ)するため、一度に多数の粒子を観察できます。付属の真空分散器を使えば、粒子の凝集状態をほぐして観察基板上に展開できます。

用途・特徴について

主として乾燥した粉末が対象ですが、平坦な基材に捕集された粒子、透明材料に埋め込まれた粒子(例 メタリック塗装)、液中分散した粒子なども対応可能です。なお、装置本体は共焦点ラマン顕微鏡ですので、粒子に限らず様々なサンプル形状のラマン分光分析ができます(料金表番号はE2080、E2090、E2091)。異物などのピンポイント分析や、指定した面内全体の高速マッピング測定などが行えます。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) , 技術開発受託(受託研究) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料(円)
E4181粒径分布測定(光学顕微鏡による画像解析式)1試料、合成画像1視野につき4,730
E4182粒径分布測定(光学顕微鏡による画像解析式) 1視野追加合成画像1視野追加につき1,540

メーカー

株式会社堀場製作所製

型番

XploRA PLUS

導入年度

平成29年度
  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:機械・材料技術部 ナノ材料グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •