高圧示差熱天秤装置

【用途・特徴】
高圧下でのTG/DTA測定、発火温度の測定有機物の耐熱性評価/有機物の分解危険性、発火危険性評価/高圧下での酸化耐久性評価この装置は、通常は大気圧下において不活性ガスまたは活性ガス流通させて行うTG/DTA測定を加圧下で行えます。TG/DTA測定は、物質の温度を一定のプログラムに従って変化させながら、その物質の質量変化(TG)及び、試料と基準物質との間の温度差(DTA)を、温度または時間の関数として測定する方法です。これを高圧下で測定することで、通常のTG/DTA測定では確認できないさまざまな事象を観測することが可能です。例えば、TG/DTA測定を酸素加圧下で行うことにより、試料の酸化を促進し、少ない試料量と短時間の測定により最低発火温度を測定することができます。このような発火危険性の測定は、米国鉱山局が石炭の火災危険性評価手法を改良したもので、高圧TG/DTAや高圧DSCを用いて行われています。

用途・特徴について

高圧下でのTG/DTA測定、発火温度の測定有機物の耐熱性評価/有機物の分解危険性、発火危険性評価/高圧下での酸化耐久性評価この装置は、通常は大気圧下において不活性ガスまたは活性ガス流通させて行うTG/DTA測定を加圧下で行えます。TG/DTA測定は、物質の温度を一定のプログラムに従って変化させながら、その物質の質量変化(TG)及び、試料と基準物質との間の温度差(DTA)を、温度または時間の関数として測定する方法です。これを高圧下で測定することで、通常のTG/DTA測定では確認できないさまざまな事象を観測することが可能です。例えば、TG/DTA測定を酸素加圧下で行うことにより、試料の酸化を促進し、少ない試料量と短時間の測定により最低発火温度を測定することができます。このような発火危険性の測定は、米国鉱山局が石炭の火災危険性評価手法を改良したもので、高圧TG/DTAや高圧DSCを用いて行われています。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

料金について

この機器を使用した依頼試験の料金は以下の通りです。

高圧示差熱・熱重量測定
試料調製(1)(切断,試験片作製等簡易な前処理)
試料調製(2)(粉末化等困難な前処理)
試料調製(3)(溶解,ろ過等複雑な前処理)
高圧示差熱・熱重量測定
試料調製(1)(切断,試験片作製等簡易な前処理)
試料調製(2)(粉末化等困難な前処理)
試料調製(3)(溶解,ろ過等複雑な前処理)
発火温度測定(HP-TG法)
試料調製(1)(切断,試験片作製等簡易な前処理)
試料調製(2)(粉末化等困難な前処理)
試料調製(3)(溶解,ろ過等複雑な前処理)

メーカー

株式会社リガク

型番

HP-TG/DTA

仕様

使用圧力、空気、不活性ガス~10MPa2/酸素~5MPa2/温度範囲室温~800℃

導入年度

平成19年度
  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:化学技術部 新エネルギーグループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •