人工気象室

用途・特徴について

温湿度を広範囲に制御し、目的に応じた環境を整えます。また、降雨、日射、気流装置を併用することにより各種気象状態を人工的に作り出し、製品や材料の耐環境試験等に使用します。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) , 機器使用 , 技術開発受託(受託研究) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *機器使用の詳細については[海老名本部][溝の口支所]をそれぞれご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (機器使用料金)

項目番号設備機器名メーカー・型式使用料(円)
E7310人工気象室タバイエスぺック TBL-9W4YPX22,990

メーカー

タバイエスペック株式会社

型番

TBL-9W4YPX

仕様

温度制御範囲-30~+60℃±0.5℃/湿度制御範囲10~95%RH±5.0%RH(10℃~60℃内)/許容負荷発熱Max1kw、作業員Max3名/寸法(W)5000×(H)2250×(D)4000(mm)/日射装置強度0~860kcal/

導入年度

1995

 

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:化学技術部 環境評価グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •