紫外・可視分光光度計によるサングラスと保護めがねの透過率測定

紫外・可視分光光度計によるサングラスと保護めがねの透過率測定

紫外・可視分光光度計を使用してサングラスやレーザー用保護めがねの透過率を測定してみました。

サングラスの透過率測定結果

  •  
  • 写真1 サングラスの外観
  • 写真1 サングラスの外観

  •  
  • 図1 サングラスの分光透過率
  • 図1 サングラスの分光透過率

可視域(380~780nm)の透過率が全体に低下していることが判ります。

レーザー用保護めがねの透過率測定結果

レーザー用保護めがねの分光透過率も測定してみました。
  •  
  • 写真2 レーザー用保護めがねの外観
  • 写真2 レーザー用保護めがねの外観

  •  
  • 図2 レーザー用保護めがねの分光透過率
  • 図2 レーザー用保護めがねの分光透過率

この保護めがねには【532nm】という表示があります。
グラフに記載した矢印の位置が532nmで、対象とするレーザーの波長のみカットするように作られています。

ご利用を希望される方へ

同様の事例については、 試験計測(依頼試験) でご利用いただけます。

参考料金は以下の通りです。

料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料
K3450紫外・可視分光光度計による透過率・反射率測定1試料1条件につき5,940
K3452紫外・可視分光光度計による透過率・反射率測定 追加追加1条件につき3,520

詳細はお問い合わせください。
  • この分析事例に関連するお問い合わせ
  • 担当:川崎技術支援部 
  • その他の技術相談はこちらから
  •