分光放射照度計による各種光源のスペクトル測定

分光放射照度計による各種光源のスペクトル測定

分光放射照度計を使用してさまざまな光のスペクトルを測定しました。
  •  
  • 図1 8月の太陽光
  • 図1 8月の太陽光

紫外から赤外まで広い範囲の光を放射していることが分かります。

  •  
  • 図2 光触媒JIS試験で使用している紫外ランプ
  • 図2 光触媒JIS試験で使用している紫外ランプ

400nm以下の紫外域からしか光を放射していません。

  •  
  • 図3 写真撮影用500W白熱球
  • 図3 写真撮影用500W白熱球

800nm以上の領域でも照度が低下しません。
触ると熱い理由が分かります。

  •  
  • 図4 LED電球
  • 図4 LED電球

可視域(380~780nm)の光しか発していません。
熱くならない理由が分かります。

  •  
  • 図5 蛍光灯(クール色と昼白色の比較)
  • 図5 蛍光灯(クール色と昼白色の比較)

同じかと思っていた蛍光灯も調べると差があることが分かります。

注) UVランプ、白熱球、LED電球は信号強度を得るため検出器に近づけて測定しています。
750nm付近に現れる段差は検出器の切り換えに起因するものです。
蛍光灯はスペクトルの差を明確にするため最大値で規格化しています。

ご利用を希望される方へ

同様の事例については、 試験計測(依頼試験) でご利用いただけます。

参考料金は以下の通りです。

料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料
K3470分光放射照度計によるスペクトル測定1測定につき9,680
K3630低照度光源による光照射1時間につき3,850
K3660その他太陽電池性能試験に関わる作業1時間につき6,600

詳細はお問い合わせください。
  • この分析事例に関連するお問い合わせ
  • 担当:川崎技術支援部 
  • その他の技術相談はこちらから
  •