微小部X線応力測定装置による曲率を有する部品の残留応力測定

微小部X線応力測定装置の特徴

機械・材料技術部材料評価グループでは、微小部X線応力測定装置(リガク社 AutoMATEⅡ)で、シャフト(図1)やベアリングボール(図2)といった曲面を有する機械部品の残留応力を測定しました。

  •  
  • 図1 シャフトの外観
  • 図1 シャフトの外観

,

  •  
  • 図2 ベアリングボールの外観
  • 図2 ベアリングボールの外観

X線応力測定では、
格子面によるX線の回折現象を利用し、多結晶体の格子面間距離を測定しています。測定では平面部を基準とするため、シャフトやベアリングボールなどの曲率を有する機械部品は、正しく応力を測定できない場合があります。

微小部X線応力測定装置による残留応力の測定

シャフト(図3)およびベアリングボール(図4)の残留応力測定結果を示します。

  •  
  • 図3 シャフトの測定結果
  • 図3 シャフトの測定結果

  •  
  • 図4 ベアリングボールの測定結果
  • 図4 ベアリングボールの測定結果


このグラフは、横軸に直径とX線の照射範囲の比d/D、縦軸に直径0.15mmのX線照射範囲で測定された応力σ0.15を基準として、それぞれの照射範囲で測定された応力σDを無次元化した値σ/σ0.15を示しております。
d/Dが大きくなると部品の直径に対してX線の照射範囲が小さくなることを示しており、シャフトおよびベアリングボールともにX線の照射範囲が大きくなると曲面の影響を受けて残留応力の値も変化していることがわかります、

曲面を有する部品の応力測定について
X線を用いて曲率を有する機械部品の応力を測定する場合、その曲率とX線の照射範囲に注意が必要です。

ご利用を希望される方へ

同様の事例については、 試験計測(依頼試験) , 技術開発受託(受託研究) , でご利用いただけます。

参考料金は以下の通りです。

料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料
E0290X線残留応力測定1試料1方向につき5,390

詳細はお問い合わせください。
  • この分析事例に関連するお問い合わせ
  • 担当:機械・材料技術部 
  • その他の技術相談はこちらから
  •