子ども向けイベント

青少年に人気のあるロボットのプログラミングなどの実験教室を通して、子どもたちに科学技術への興味・関心を持ってもらい、理解を深めます。環境、宇宙・天文、ロボット、ナノの世界、バイオ・医療など科学技術のトピックスを実験しながら身につけます。

ぼく、
りかすとん!
みんなといっしょに
かがくのべんきょうが
できるのをたのしみ
にしているよ!

りかすとん
の紹介

子ども向けイベント

詳細内容

テーマ 「平成20年度 KAST理科実験室1 <歩行型ロボットのからくり> ~かしこいコンピュータと不思議なメカ~」
開催日時 2008年9月13日(土)
講師

佐藤 晟先生 (NPO子どもモノづくり教育支援事業団)

開催場所 かながわサイエンスパーク(KSP)
対象 小学3年~6年生
  • (講義) ロボットという言葉を最初に使ったのはチェコスロバキアのチャペックという人なんだ

  • (体験) 仕組みを学ぶため、6足歩行型ロボットを動かしてみよう

ロボットのしくみは簡単でも、その動きは様々。

「理科実験室1」では、4足、6足、8足歩行型ロボットを動かし、"からくり"(メカニズム)の基本がすべて同じ(4節リンク)であることを学びました。また、ロボットの足のしくみが分かる簡単な工作品も作り、科学について考えるきっかけをつくりました。
【参加者の感想】
「ロボットの動き方が分かった」「リンクを作れて楽しかった」など

ページの先頭に戻る