子ども向けイベント

青少年に人気のあるロボットのプログラミングなどの実験教室を通して、子どもたちに科学技術への興味・関心を持ってもらい、理解を深めます。環境、宇宙・天文、ロボット、ナノの世界、バイオ・医療など科学技術のトピックスを実験しながら身につけます。

ぼく、
りかすとん!
みんなといっしょに
かがくのべんきょうが
できるのをたのしみ
にしているよ!

りかすとん
の紹介

子ども向けイベント

詳細内容

テーマ 「KAST青少年科学技術フェスティバル2012<近未来の科学技術を体感・体験してロボット製作をしよう>」
開催日時 2012年8月18日(土)
講師

米盛 弘信 先生 と 学生のみなさん(サレジオ高専)

開催場所 KSPホール(かながわサイエンスパーク内)
対象 小学校4年生~中学校3年生
  • ロボットが動くしくみとエネルギーについてのお話をうかがいました。

  • ソーラーバイクの乗り心地は最高!たくさんの人が乗ってもすいすい走ります。

  • タイヤのかわりにブラシがついているロボットを作りました。どうやって動くのかな。

  • 完成したロボットで競走をしました。うまく進むかな。

ものが動いたり前に進んだりするためには、いろいろな方法やしくみがあるんだね。

前半は、ソーラーバイクに試乗したり、自律制御ロボットのミニロボコンを見学したりしました。後半は、モーターでブラシを振動させて、進んだり曲がったりするロボットを作りました。ものが動くためには、様々なエネルギーやしくみがあることを、楽しみながら体感しました。
【参加者の感想】
「動くしくみがわかり、とても楽しかったです。」
「よく進むロボットができ、自分が作るのが得意だとわかった。」

ページの先頭に戻る