なるほど!体験出前教室

将来の科学技術やものづくりをになう子どもたちに理科に親しんでもらうため、神奈川県内の研究者や技術者などが、神奈川県内の小・中学校や特別支援学校で、体験型の授業を実施します。

なるほど!体験出前教室

詳細内容

テーマ 「まさか!これで電気が?」
開催日時 2011年11月8日(火)
講師

笠原禮一郎さん

開催場所 三浦市立南下浦小学校
対象 3、4年生
  • 太陽光パネルでのプロペラ回し。最近のパネルは性能が良いので懐中電灯で発電できる。

  • 普通の炭はダメ。穴が多く、電子を受取る酸素を持つ活性炭でないと電池にできない。

身の回りのキッチン用品で、電池ができる

太陽光やブンブンゴマによる発電実験を見せてもらった後、「アルミ皿・キッチンペーパー・塩水をたらした活性炭」を4層重ね合わせていき、電池をつくりました。(活性炭は、冷蔵庫の消臭剤に使われています。)
手作りの平べったい電池で、モーターを動かして、プロペラを回すことができました。かなり、いきおい良く回り、皆大喜びでした。

ページの先頭に戻る