なるほど!体験出前教室

将来の科学技術やものづくりをになう子どもたちに理科に親しんでもらうため、神奈川県内の研究者や技術者などが、神奈川県内の小・中学校や特別支援学校で、体験型の授業を実施します。

なるほど!体験出前教室

詳細内容

テーマ 「ビオトープ作りと年間を通じて観察・記録」
開催日時 2010年9月7日(火)
講師

原 欣一 さん

開催場所 相模原市立上溝南小学校
対象 6年生
  • 浅瀬まで付いている本格的なビオトープについて、詳しく解説

  • 水を入れ、あふれさせると、細かい汚れが流れていく

ビオトープとは、人工的に作られた様々な生き物が共生する場所(池など)のこと

自然の生態系をつくることが目標です。
エサもあげないし、水の入れ替えもしないのに、目に見えない微生物や、外から来る生き物のお蔭で、小さな生態系が成り立ちます。
作りたてのビオトープの水は濁っていますが、植物と生き物がなじんでくると、徐々に水も澄んできます。
この後の観察・記録も楽しみです。

ページの先頭に戻る