なるほど!体験出前教室

将来の科学技術やものづくりをになう子どもたちに理科に親しんでもらうため、神奈川県内の研究者や技術者などが、神奈川県内の小・中学校や特別支援学校で、体験型の授業を実施します。

なるほど!体験出前教室

詳細内容

テーマ 「レーウェンフークの顕微鏡 」
開催日時 2013年9月18日(水)
講師

鹿野 道雄さん 他「蔵前理科教室ふしぎ不思議(くらりか)」のみなさん

開催場所 茅ヶ崎市立浜之郷小学校
対象 6年生
  • ペットボトルのキャップの中心にガラス玉をはめ込み、簡単に顕微鏡が作れるね。

  • 作った顕微鏡で観察する。すごく大きく見えるね。何倍ぐらいになっているんだろう?

オランダのレーウェンフークが考案した単レンズ顕微鏡を作り、物を構成している細胞・細胞核を観察します。

ペットボトルで顕微鏡を作るなど、身近なものを利用しているので、とても親しみやすい授業となりました。タマネギの細胞やストッキングの編み込まれている様子が想像とは違っていたので、その意外性に児童達は感動していました。小さな顕微鏡が物を170倍にして観察できることにも驚かされていました。

ページの先頭に戻る