なるほど!体験出前教室

将来の科学技術やものづくりをになう子どもたちに理科に親しんでもらうため、神奈川県内の研究者や技術者などが、神奈川県内の小・中学校や特別支援学校で、体験型の授業を実施します。

なるほど!体験出前教室

詳細内容

テーマ 「大豆モヤシを作り、世界の環境と食物を知ろう」
開催日時 2010年9月15日(水)
講師

上田 惠一 さん

開催場所 平塚市立中原小学校
対象 5年生
  • PETボトルをハサミで切って、モヤシを育てる容器をつくろう。

  • 栓が下になるように、容器を組立てる。毎日、下から余分な水分をぬけるので便利。

大豆モヤシを育てて、食品と農業の関係を学ぶ

紙芝居や買い物ゲームに参加した後、モヤシを育てる容器を手作りしました。
食の大切さ・環境問題・地球にやさしい買い物について学び、自分たちでも出来る節約が身近にあることを体験しました。
ひとりひとりの小さな取り組みが、環境を良くします。

ページの先頭に戻る