なるほど!体験出前教室

将来の科学技術やものづくりをになう子どもたちに理科に親しんでもらうため、神奈川県内の研究者や技術者などが、神奈川県内の小・中学校や特別支援学校で、体験型の授業を実施します。

なるほど!体験出前教室

詳細内容

テーマ 「太陽電池をつくろう」
開催日時 2010年9月22日(水)
講師

高木 克彦 さん

開催場所 三浦市立名向小学校
対象 4年生
  • 色素増感太陽電池は、植物の光合成を再現するんだって

  • 透明電極に酸化チタンをぬります

  • 酸化チタンがかわいたら、色素につけてしみこませます

  • さあ、太陽の光でオルゴールは鳴るかな?

ハイビスカスティーの色から、太陽電池が作れるんだって!

 色素増感太陽電池は、安価な太陽電池としてこれからの環境問題対策の切り札となりそうな技術です。
 三浦市立名向小学校の4年生の皆さんは、難しい色素増感太陽電池のお話も一生懸命聴いていました。友達同士協力しながら、太陽電池を作る姿がとてもよかったです。

ページの先頭に戻る