なるほど!体験出前教室

将来の科学技術やものづくりをになう子どもたちに理科に親しんでもらうため、神奈川県内の研究者や技術者などが、神奈川県内の小・中学校や特別支援学校で、体験型の授業を実施します。

なるほど!体験出前教室

詳細内容

テーマ 「磁石のふしぎ・リニアモーターカーを作ろう」
開催日時 2012年1月24日(火)
講師

根本邦治さん

開催場所 真鶴町立まなづる小学校
対象 6年生
  • リニアカーを動かすために、下のレールに付いた磁石の極を、スイッチで切りかえる。

  • レール上のいくつかの磁石を1個目、2個目と時間差で回すと、車は端から端まで動く。

「リニアカー」は英語で「まっすぐ進む車」のこと。意外にも、浮かんで進む車のことではないんだ。

世界最速といわれる日本のリニアモーターカーについて、学びました。
モデルカーを組み立て、ガイドレール上を走らせました。
リニモを動かすには、車体とレールの両方に、磁石を使います。通常の磁石同士では、浮かばずに進みますが、より強力なフェライト磁石同士では、浮かびながら進みます。
テレビゲームのように、絶妙のタイミングでスイッチを切り替えないと、うまく進みませんので、生徒たちは、繰り返しトライしていました。

ページの先頭に戻る