なるほど!体験出前教室

将来の科学技術やものづくりをになう子どもたちに理科に親しんでもらうため、神奈川県内の研究者や技術者などが、神奈川県内の小・中学校や特別支援学校で、体験型の授業を実施します。

なるほど!体験出前教室

詳細内容

テーマ 「表面張力について」
開催日時 2012年9月13日(木)
講師

田中 克己さん

開催場所 南足柄市立向田小学校
対象 5年生
  • 針金の枠をシャボン玉液の中に入れるとどんな膜ができるのかな。

  • 表面張力により針金で作ったアメンボが水に浮きました。

液体はできるだけ小さくなろうとします。そのために液体どうしが引っ張り合います。この力が表面張力です。

液体は同じ量ならできるだけ小さくなろうとします。雨が球の形で降ってくるのはそのためです。丸くなるために、水どうしが引っ張り合っています。この引っ張り合う力を表面張力と言います。1円玉を水に浮かべたり、枠によって様々な膜を作ったりする力があることがわかりました。

ページの先頭に戻る