なるほど!体験出前教室

将来の科学技術やものづくりをになう子どもたちに理科に親しんでもらうため、神奈川県内の研究者や技術者などが、神奈川県内の小・中学校や特別支援学校で、体験型の授業を実施します。

なるほど!体験出前教室

詳細内容

テーマ 「踊る水族館」
開催日時 2012年10月23日(火)
講師

持田 典秋さん

開催場所 横浜市立緑小学校
対象 クラブ活動
  • 浮沈子って何だろう。どうして浮いたり沈んだりするんだろう。

  • びんに触れなくても、ポンプで中の気圧が変わり、浮いたり沈んだりします。

びんの中の気圧の変化により、浮沈子の中の液体と気体の体積が変わって浮く力が変わります。

物が浮くということについて学んだ後、空中と水中とでは重さが違うことを確かめました。浮沈子を作って、楽しみながら浮く力と気圧、体積との関係について学ぶことができました。大きなびんの中で、たくさんの浮沈子が浮いたり沈んだりする様子は、まさに水族館でした。

ページの先頭に戻る