なるほど!体験出前教室

将来の科学技術やものづくりをになう子どもたちに理科に親しんでもらうため、神奈川県内の研究者や技術者などが、神奈川県内の小・中学校や特別支援学校で、体験型の授業を実施します。

なるほど!体験出前教室

詳細内容

テーマ 「風力発電機を作ろう」
開催日時 2010年11月9日(火)
講師

江口 宏明 さん

開催場所 藤沢市立村岡小学校
対象 6年生
  • ドライヤーでプロペラを回して発電する。電気が起こっていることを、LED点灯・電圧計測定で確認する。

  • オシロスコープを使い、「電圧-時間」グラフを描き、その波形を観察する。5ボルト出れば、上等!

発電量を上げるために、羽の長さ・幅・角度を変えるなど、アイデアを出し合った

プロペラは、ペットボトルにカッターで切り込みを入れて作ります。本体に、飛行機のような尾翼を付ければ、風向きに応じて方向を変えられるペットボトル風力発電機の完成です。向きも強さも気ままな風を有効に利用するための知恵です。
現在のエネルギーは石油が主力ですが、限りある資源ですので、これに頼らない新エネルギーが使えるしくみを作る必要があります。現在、風力の他に太陽光エネルギー等様々な研究されてます。
まずは、省エネなど、身近に出来る事から取り組んでいきましょう。

ページの先頭に戻る