なるほど!体験出前教室

将来の科学技術やものづくりをになう子どもたちに理科に親しんでもらうため、神奈川県内の研究者や技術者などが、神奈川県内の小・中学校や特別支援学校で、体験型の授業を実施します。

なるほど!体験出前教室

詳細内容

テーマ 「飛ぶ種で遊ぼう」
開催日時 2007年10月16日(火)
講師

杉谷良四郎さん(東芝科学館)

開催場所 横浜市立もえぎ野小学校
対象 小学2年生
  • たねはどうやって飛ぶのか杉谷先生が説明

  • 形のちがうものでは落ち方はどうちがう?

  • たねの模型をつくろう

  • たねの模型を校庭で飛ばそう

植物が子孫をふやすための「たね」-飛び方にも工夫があるんだ!たねの模型を作ってとばしてみよう

飛んで子孫を増やす「たね」をテーマに、植物が子孫をふやすための工夫を勉強しました。
なぜ「たね」は風に乗って飛ぶのか、たねの形によってどのように飛ぶのか、たねの模型を使いながら実験をまじえて紹介しました。
その後、2種類の「たね」の模型を作って、作ったたねの模型を飛ばして遊びながら、たねの飛び方を学びました。
児童からは、「また今日みたいな授業をしたい」「ほんとうのたねを使ってあそんでみたい」「もっとむずかしい実験をしてみたい」などの感想も寄せられ、学校の先生からは「生活科として自然への関心、意欲につながった」との感想も寄せられました。

ページの先頭に戻る