なるほど!体験出前教室

将来の科学技術やものづくりをになう子どもたちに理科に親しんでもらうため、神奈川県内の研究者や技術者などが、神奈川県内の小・中学校や特別支援学校で、体験型の授業を実施します。

なるほど!体験出前教室

詳細内容

テーマ 「災害時に役立つ簡易ソーラークッカーを作ってみよう」
開催日時 2015年1月9日(金)
講師

押見 史 さん 

開催場所 横浜市立大豆戸小学校
対象 小学3年生
  • ソーラークッカーの素晴らしさとその作り方についてスクリーンを使って解説。

  • 各自で完成させたソーラークッカーを校庭に持ち出して、パンを温める実験中!

ソーラークッカーとは太陽光を利用して、煮る・焼く・蒸すなどの調理を行う器具の総称のこと。

ソーラークッキングの素晴らしさとその大切さのお話を聞いた後に、各自で簡易型のソーラークッカーを作りました。戸惑いながらも何とか全員無事に完成させ、いざ校庭へ!冬場にも関わらず、わずかな時間で黒い缶が熱くなり、さらに15分位で缶の中のパンも温かくなり、給食時においしくいただきました。

ページの先頭に戻る