なるほど!体験出前教室

将来の科学技術やものづくりをになう子どもたちに理科に親しんでもらうため、神奈川県内の研究者や技術者などが、神奈川県内の小・中学校や特別支援学校で、体験型の授業を実施します。

なるほど!体験出前教室

詳細内容

テーマ 「ケナフを利用して紙漉きを体験しよう」
開催日時 2015年11月13日(金)
講師

早野木の美さん

開催場所 海老名市立海老名小学校
対象 5年生
  • どんな紙ができるのかな。わくわくしながら、ケナフの繊維を混ぜた紙の原料を、漉き台の上に延ばします。

  • 色を混ぜたり、模様をつけたり自分たちで工夫をして、きれいな紙を漉くことができました。

身近な場所で育てることができるケナフ。自然の力に触れることで、環境についても考えが深まります。

「わー。きれい。」「ケナフで紙ができたー。」完成した紙を見て、子ども達がつぶやきます。近年の小・中学校では、環境学習が重要視されています。材料について学び、実際に紙を漉くことで、「環境を守るために何ができるのか。」と、考えるよいきっかけになりました。
 

ページの先頭に戻る