なるほど!体験出前教室

将来の科学技術やものづくりをになう子どもたちに理科に親しんでもらうため、神奈川県内の研究者や技術者などが、神奈川県内の小・中学校や特別支援学校で、体験型の授業を実施します。

なるほど!体験出前教室

詳細内容

テーマ 「ソーラーオルゴールを鳴らして温暖化防止」
開催日時 2018年8月28日(火)
13:10~14:30

講師

鈴木 勝男 さん

特定非営利活動法人アース・エコ
ホームページはこちら(外部サイトに飛びます)

開催場所 横須賀市立沢山小学校
対象 小学4年生、小学6年生、32名
  • 地球温暖化って何だろう?

  • 白熱電球より、LEDライトの方が、かるい力で発電機をまわせるね。

温暖化を防止するために省エネに取り組むことは、とても大切だね。電球をLEDに変えたり、ドライヤーを使う時間を減らしたり、テレビは、本当に見たい番組だけ見たりできるといいね。

初めに講師の方が、地球温暖化についての話をしてくださいました。二酸化炭素には、熱をためる性質があり、現在の発電方法のほとんどは、発電と同時に二酸化炭素を出しているので、電気をたくさん使えば、それだけ温暖化が進むということでした。温暖化防止のためにできる取組としての省エネ。家電製品の消費電力を発電や、電力メーターなどを通して、体感させてもらいました。次に、太陽光電池で音が鳴るソーラーオルゴールづくりに挑戦。省エネチェックシートに、一人一人が省エネに取り組むための目標をたて、今後実践します。

ページの先頭に戻る