なるほど!体験出前教室

将来の科学技術やものづくりをになう子どもたちに理科に親しんでもらうため、神奈川県内の研究者や技術者などが、神奈川県内の小・中学校や特別支援学校で、体験型の授業を実施します。

なるほど!体験出前教室

詳細内容

テーマ 「花火と炎色反応」
開催日時 2018年10月2日(火)
14:10~15:10

講師

北本達治 さん

開催場所 横浜市立荏田西小学校
対象 クラブ活動  39名
  • 炎色反応とは? 燃やす金属によって、炎の色が変わります

  • 炎色反応によって、色のついた炎がでます

燃やすものによって色がかわるのがきれいだね。花火の色がどうしてきれいなのかが、分かったよ。

ナトリウム、リチウム、カルシウム、バリウムの硝酸塩の水溶液に、スチールウールを浸し、ガスバーナーの炎で燃焼させます。浸した水溶液の違いによって、それぞれの金属が燃焼時に固有の色の炎を発します。子ども達は、金属の違いによって色が違うことに、感動した様子でした。きれいな花火は、炎色反応を利用しています。

ナトリウム(黄色)リチウム(赤)カルシウム(橙)バリウム(緑)

ページの先頭に戻る