なるほど!体験出前教室

将来の科学技術やものづくりをになう子どもたちに理科に親しんでもらうため、神奈川県内の研究者や技術者などが、神奈川県内の小・中学校や特別支援学校で、体験型の授業を実施します。

なるほど!体験出前教室

詳細内容

テーマ 「災害時に役立つ簡易ソーラークッカーを作ってみよう【写真あり】」
開催日時 2019年10月25日(金)
講師

押見 史さん

開催場所 横浜市立潮田小学校
対象 クラブ活動
  • 机の上には、新聞紙でつくった手提げ袋が!なんだろう?

  • 工作用紙の裏側が銀色だよ。これで光を集めて温めるんだね!

野外活動の代わりに「2100年のお天気ビデオ」を見せてもらいました。
夏の気温は40℃を超え、真夏日が100日以上続きます・・・そんなシミュレーションが映し出されていました。
未来の地球が大変なことにならないためにも、わたしたちができることも考えていきたいね。

あいにくの雨で、実際にソーラークッカーの力を試すことができませんでしたが、作りながらその仕組みをを知って、「災害時にはこれは役に立つ道具なんだなあ」と、子どもたちは感じている様子でした。
家に持ち帰って「天気の日に試してみたよ。」とそんな声も届いたそうです。

ページの先頭に戻る