サングラスや保護めがねの透過率測定

紫外・可視分光光度計による測定をおこなうと材料の透過率と反射率がわかります。

<使用機器>

紫外・可視分光光度計 日立ハイテクサイエンス UH-4150

サングラスの外観
サングラスの外観

サングラスの分光透過率

可視域(380~780nm)の透過率が全体に低下していることがわかります

レーザー用保護めがねの分光透過率も測定してみました.

レーザー用保護めがねの外観

レンズに色は付いていますがサングラスとは違うようです

レーザー用保護めがねの分光透過率

よく見ると、この保護めがねには【532nm】という表示がありました。 グラフに記載した矢印の位置が532nmで、対象とするレーザーの波長のみカットするように作られているようです。

ご利用を希望される方へ

今回のような透過率測定を実施した場合は下記料金表が適用されます。測定条件および測定点数により費用が変わりますので詳細は担当職員にご相談ください。
測定条件および測定点数により費用が変わりますので詳細は担当職員にご相談ください。

試験計測料金

料金NO.項目単位料金
K3450紫外・可視分光光度計による透過率・反射率測定1試料1条件につき6,270円
K3452紫外・可視分光光度計による透過率・反射率測定 追加追加1条件につき3,630円