光触媒粉末の拡散反射率測定

紫外・可視分光光度計により光触媒粉末の拡散反射率を測定することで、バンドギャップを求めることができます。
酸化チタン粉末と可視光応答形光触媒粉末の拡散反射率を測定して、バンドギャップを算出しました。

<使用機器>

紫外・可視分光光度計 日立ハイテクサイエンス UH-4150

図1 光触媒粉末の拡散反射スペクトル
図1 光触媒粉末の拡散反射スペクトル

図2 拡散反射スペクトルをKubelka-Munk変換
図2 拡散反射スペクトルをKubelka-Munk変換

図3 Taucプロットによるバンドギャップ算出
図3 Taucプロットによるバンドギャップ算出

ご利用を希望される方へ

今回のような反射率測定を実施した場合は、下記料金表が適用されます。詳細はお問い合わせください。
測定条件および測定点数により費用が変わりますので詳細は担当職員にご相談ください。

試験計測料金

料金NO.項目単位料金
K3450紫外・可視分光光度計による透過率・反射率測定1試料1条件につき6,270円
K3660光学測定に関わる作業1時間につき7,040円