令和5年度 パワーモジュールの実装評価

近年、パワーモジュールの実装技術は以下のような方向性で開発が進められています。
 ①小型化・軽量化【低熱抵抗化が必要(高放熱・高効率冷却技術)】
 ②高耐熱化【樹脂や接合材料などの実装材料の高耐熱化】
 ③高周波化【配線抵抗(インピーダンス)の低減】
 ④高信頼性【特に高Tjのパワーサイクル耐久性が求められる】
熱抵抗測定はこのうち①に直接、②④に間接的にかかわります。
この研修はパワーモジュールの実装技術のうち評価技術の紹介を目的として、主に熱抵抗測定の実習を中心に進めていきます。

パワーモジュールの実装評価

パワーモジュールの熱過渡解析

令和6年2月21日(水)13:15~17:00

詳細

  • 会場 地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)海老名本部     
  • 定員 5名    
  • 受講料 12,000円(税込、テキスト代込)
  • 申込締切日 令和6年1月29日(月)
  • 講師 KISTEC電子技術部 八坂慎一

こんな方におすすめ

  • 実装材料の開発を担当されている方
  • パワーデバイスの開発を担当されている方
  • パワーデバイスの熱設計を担当されている方
  • その他本テーマに関心のある方

この実習で身に付くこと

 パワーモジュールの実装評価法や、熱過渡解析の構造関数の使い方が理解できる

カリキュラム

時間内容
13:15 ~ 14:15パワーモジュールの評価設備【講義】
14:15 ~ 14:25休憩
14:25 ~ 15:15熱抵抗測定と熱過渡解析【講義】
15:15 ~ 15:30休憩・移動
15:30 ~ 16:45熱抵抗測定と熱過渡解析【実習】
16:45 ~ 16:50移動
16:50 ~ 17:00質疑応答

受講料支払い方法

 原則、申込締切日以降に請求書を郵送いたします。
 請求書に記載されている指定の口座に、開講日までにお振り込みください。
 開講日までのお振り込みが難しい場合は、事務局までご連絡ください。

キャンセルについて

 原則、キャンセルはお受けいたしかねます。
 やむを得ない事情によりキャンセルをご希望される場合は、
 令和6年1月29日(月)までに事務局にご連絡ください。

リーフレット

確認事項<重要>

次の事項をご確認の上、お申込ください。

  • 申込締切後、受講決定者には受講料請求書等の必要書類を郵送いたします。
  • 許可なく講義内容の一部、およびすべてを複製、転載または撮影、配布、印刷など、第三者の利用に供することを禁止します。
  • やむを得ない事情により、日程・内容等の変更や中止をする場合があります。
  • 保証書に必要事項をご記入の上、参加日当日にお持ちください。【保証書はこちら
  • 当日は13:00より受付開始とさせていただきます。
お問合せ
 (地独)神奈川県立産業技術総合研究所 人材育成部 教育研修課 産業人材研修グループ
  TEL 046-236-1500   Eーmail sm_sangyoujinzai★kistec.jp ※★を@に変換してください。

申込フォーム

  1. 1
    入力
  2. 2
    確認
  3. 3
    完了
必須 機関名
省略せずにご入力ください
(例:○○株式会社)。
また個人の方は、「個人」と
ご入力ください。
任意 機関名ふりがな
必須 所属・部署名
必須 役職
必須 氏名
姓と名の間にスペースを
いれてください。
必須 氏名ふりがな
姓と名の間にスペースを
いれてください。
必須 郵便番号
半角数字・ハイフンあり
(例:243-0435)
必須 住所
郵送にて案内・請求書等をお送りする際に必要となります。
正確なご住所入力にご協力ください。
必須 電話番号
半角数字・ハイフンあり
(例:046-236-1500)
必須 Eーmail
半角英数
必須 年代
必須 担当業務
必須 最終学歴
必須 学科
必須 この講習会を何でお知りになりましたか
「その他」の方は詳細をご入力ください
任意 以前にKISTECの
研修講座を受講したことがありますか
任意 メールマガジン
任意 ダイレクトメール
任意 備考

※このフォームにより入手した個人情報は、プライバシーポリシーに従い、適切に取り扱います。
※一度クリックしたらしばらくお待ちください。画面が切り替わるのに時間がかかる場合がございます。

予期しない問題が発生しました。後でもう一度やり直すか、他の方法で管理者に連絡してください。