KISTEC 地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所 innovation2021

資料掲載 コンテンツ紹介

プロジェクト研究 活動紹介

プロジェクト研究は、戦略的研究シーズ育成事業を起点とする3段階のステージゲート方式により、長期間にわたる研究の進捗管理を適切に行っています。
その第1段階目として実用化を目的とした基礎研究を行う「戦略的研究シーズ育成事業(2020年度開始3件、2021年度開始3件)」と、第3段階目として企業等との共同研究の実施、提案公募型の競争的資金の活用等により成果展開を図る「実用化実証事業」3件の活動を紹介します。(※第2段階目の有望シーズ展開事業については、12月3日、8日のライブ配信プログラムをご覧ください。)

タイトル講演者
戦略的研究シーズ育成事業
「光技術を用いた超広帯域テラヘルツオシロスコープの開発」

横浜国立大学
教授
片山 郁文

戦略的研究シーズ育成事業
「ゲノム構築技術による創薬研究基盤の開発」

東京工業大学
准教授
相澤 康則

戦略的研究シーズ育成事業
「化学ボロフェンによるフレキシブル素子の開発」

東京工業大学
助教
神戸 徹也

戦略的研究シーズ育成事業
「光操作に基づく医療技術の創出」

東京大学
教授
佐藤 守俊

戦略的研究シーズ育成事業
「貴金属フリー新規触媒技術の開発」

東京大学
准教授
砂田 祐輔

戦略的研究シーズ育成事業
「超高空間分解を実現するナノカーボン光分析装置」

慶應義塾大学
准教授
牧 英之

実用化実証事業
「腸内環境デザイン」グループ

慶應義塾大学
特任教授
福田 真嗣

実用化実証事業
「次世代医療福祉ロボット」グループ

横浜国立大学
准教授
下野 誠通

実用化実証事業
「人工細胞膜システム」グループ

東京大学
教授
竹内 昌治

プロジェクト研究 昨年度の終了報告

2020年度で終了したプロジェクト研究3件(燃料電池、腸内細菌叢、高機能セラミックス)を紹介します。

タイトル講演者
実用化実証事業
「高効率燃料電池開発グループ」

東京工業大学
教授
山口 猛央

有望シーズ展開プロジェクト
「腸内細菌叢プロジェクト(解析ツール開発グループ)」

理化学研究所生命医科学研究センター粘膜システム研究チーム
チームリーダー
大野 博司

有望シーズ展開プロジェクト
「革新的高信頼性セラミックス創製プロジェクト」

横浜国立大学
教授
多々見 純一

参加申し込みフォーム

    下記の項目を入力してください。

    注)半角カタカナ・機種依存文字は文字化けの原因になりますので使用しないでください。

    注)受信確認後、Innovation Hub事務局から、申込完了のお知らせと受講に関するメールを送信いたします。迷惑メールに分類される場合もございますので、ご注意ください。

    以下の内容で送信します。

    フォーラム名

    お名前
    お名前(ふりがな)
    所属名

    ※個人でお問い合わせの方は「個人」とご記入ください。
    所属の分類
    大企業中小企業大学公的機関その他
    郵便番号
    所在地
    メールアドレス
    電話番号
    今回のイベントを何で知りましたか?
    KISTECホームページKISTECメールマガジンその他(詳細を記載してください)
    KISTECメールマガジン

    (月間2回程度:KSITECで開催する技術フォーラム、企業人材育成事業やイベントなどをはじめ、当所をご利用の皆様のお役に立つ関係機関の情報提供)
    希望する既に登録している希望しない

    以下の3点をご同意またはご確認ください

    1. 個人情報の取扱いについて
    個人情報の取扱いに同意する

      ※「プライバシーポリシー」に同意いただいた方のみ送信が可能です。

    2. WEBフォーラム受講規約について
    WEBフォーラム受講規約に同意する

      ※「WEBフォーラム受講規約」に同意いただいた方のみ送信が可能です。

    3. 国内法人等に在籍もしくは国内在住6カ月以上の方
    国内法人等に在籍もしくは日本在住6カ月以上である

      

    お問い合わせありがとうございました。