機器分析入門セミナー

はじめての機器分析。分析装置を上手く使うために。
 製品の開発過程や製造時のトラブル原因の解明などにおいて、機器分析は必要不可欠なツールとなっています。的確な分析結果を得るためには、各分析機器の原理を正しく理解し、適切な分析方法を選択する必要があります。また、外部機関に分析を依頼する場合でも、どのような分析を依頼するかの判断や、分析結果の正しい解釈のために、分析機器に関する一連の知識が必要となります。 
 本セミナーは、企業の若手技術者や機器分析関連業務の経験が浅い方向けに、各種機器分析の原理や用途、データの見方などについて広く学んでいただける内容となっています。機器分析で重要なことや試料の取り扱いなどの基本的なところから、分離分析や構造解析、表面分析、熱分析など様々な分析機器について学ぶことができます。

機器分析入門セミナー

様々な分析装置の基礎を学ぶ

令和4年6月17日(金)、24日(金)、7月1日(金)全3日間 13:00~17:00

詳細

  • 会場 オンライン(Zoom)
  • 受講料 26,000円(税込、テキスト代込)
  • 申込締切日 令和4年5月25日(水)          
  • 講師 米森 重明(米森技術士事務所)

こんな方におすすめ

  • 機器分析関連業務の経験が浅い方や若手社員
  • 分析装置の原理や用途、データの見方などの知識を習得したい方

このセミナーの受講で身に付くこと

  • 機器分析の全体像
  • 分析機器の原理に関する統一的な理解
  • 分析機器を上手く使える基礎

カリキュラム

6/17(金)<1日目>
 1.機器分析の全体について ―機器分析で重要なこと、試料の取り扱いなど
   見る・観るための分析 ―形態観察の機器と手法:工学的な手法、電子などを使う手法
 2.分ける・決めるための分析Ⅰ ―分離分析法、構造解析法

6/24(金)<2日目>
 3.分ける・決めるための分析Ⅱ ―実例で:異物の解析、有機材料の総合的な解析
 4.測る・量るための分析 ―無機材料の定量、有機材料の定量

7/1(金)<3日目>
 5.その他の分析 ―表面分析、熱分析、非破壊での分析
 6.装置の活用法について ―複合化された装置、保有している装置、外部の活用
   全体のまとめ ―分析装置の全体観と使い方のまとめ

受講料支払い方法

 原則、申込締切日以降に請求書を郵送いたします。
 請求書に記載されている指定の口座に、開講日までにお振り込みください。
 開講日までのお振り込みが難しい場合は、事務局までご連絡ください。

キャンセルについて

 原則、キャンセルはお受けいたしかねます。
 やむを得ない事情によりキャンセルをご希望される場合は、
 令和4年5月25日(水)までに事務局にご連絡ください。

リーフレット

確認事項<重要>

次の事項をご確認の上、お申込ください。

  • オンライン講座に関する規約をご承認いただいた上で、お申込をお願いいたします。尚、受講は1回の申込につき1名に限ります。
  • 申込フォームでは一度で1名の申込しかできません。複数名お申込を希望される場合は、お手数ですが、都度、申込フォームのご入力をお願いいたします。
  • Zoomを利用できる環境をご用意ください。
    • PCまたはスマホ・タブレット、インターネット回線(有線LAN 接続推奨)、機器に接続可能なスピーカー・マイク・カメラ(機器内蔵の場合は不要)など。
    • Zoomアプリをインストールした上でご受講いただくことを推奨しております。またZoomアプリからご参加される方は、アプリを最新版にアップデートの上ご参加ください。
    • ブラウザからご参加される方は、推奨ブラウザのご使用にご協力ください。
  • 申込締切後、受講決定者には受講料請求書等の必要書類を郵送、Zoomログイン情報等(案内メール)をお送りいたします。また、受講日前日までにテキストをお送りします。
  • 許可なく講義内容の一部、およびすべてを複製、転載または撮影、配布、印刷など、第三者の利用に供することを禁止します。
  • やむを得ない事情により、日程・内容等の変更や中止をする場合があります。
お問合せ
 (地独)神奈川県立産業技術総合研究所 人材育成部 教育研修課 産業人材研修グループ
  TEL 046-236-1500  Eーmail sm_sangyoujinzai★kistec.jp  ※★を@に変換してください。

申込フォーム【募集終了】