【募集を締め切りました】IEC 61131-3に基づくPLCの構造化プログラミング技法-シーケンス制御応用コース-|オンライン開催

IEC 61131-3に基づくPLCの構造化プログラミング技法講座 -シーケンス制御応用コース-
– 定員に達したため募集を終了致しました。たくさんのお申し込みをありがとうございました。 –

日時

令和4年 31日(火)10:00~17:00

令和4年34(金)10:00~11:00

日間

申込要項はこちら

開催方法

オンラインで開催します(ZOOMを使用)

申込要項をご確認の上、お申込みください。
≫PC、スマートフォン、タブレットでもご受講いただけます。
≫ご受講書類・テキストは、お申込みいただいたご住所宛に事前に郵送いたします。

※オンライン受講についてご不明点やご不安な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

募集人員

20名 *先着順にて承ります

対象者

企業、研究機関にご所属で

・シーケンス制御関連分野の技術開発に携わる方
・生産設備やインフラの制御・監視に関わるデジタルトランスフォーメーション(DX)・AIの導入や設計に携わる方
・ロボット関連技術の開発、実装に携わる方
・製造現場の高度な制御設計、実装 を目指したい方

・・・など

受講料(消費税込み)

15,000

カリキュラム編成

PLCopen Japan共通教育委員会

KISTEC 人材育成部

カリキュラム内容と日程

時間  講義内容 講師

3月1日(火

10:00-10:30

本セミナーの概要と実機によるデモの紹介
 産業システムにおいて広く使用されているPLCで構築した、本セミナーにおける模擬システムの概要について説明し、実機を用いたデモを紹介する。デモの内容は本セミナーを通して習得した知識と技術で自ら作成できるレベルを目指す。近年のPLCは制御だけでなく、データ処理や通信など高度な機能も持ち、これらの関連技術にも触れる。

水矢 亨、奥田 誠
(神奈川県立産業技術総合研究所)

10:30-11:20

IEC 61131-3の基本と導入、プログラミングの効率化
 従来のシーケンス制御におけるプログラミングの課題について考察する。プログラミングの課題解決のための技術として国際標準IEC 61131-3によって定められたプログラミング言語とその特徴、プログラミングの効率化について説明する。

長谷川 伸
(三菱電機株式会社)

11:20-12:10

PLCプログラムの作成手順と制御システムの設計
 PLCプログラムの作成手順とともにプログラムの構造化やモジュール化についても説明する。また、要求仕様、基本設計から詳細設計へと至る制御システム設計の概要を紹介し、POUを利用したプログラムのモジュール化を意識しながら、制御システムの設計からプログラム作成を効率的に進めるプロセスについて説明する。

水矢 亨

13:10-14:00

ST言語によるプログラミング技法
 ST(Structured Text)によるプログラミング技法について解説する。PLCはラダー図によるプログラミング手法が一般的であるが、プログラムが構造化できないことや制御ロジックが理解しづらいことが欠点となっている。構造化のしやすさや可搬性の観点からテキスト系言語が望まれ、これによるPLCプログラミング方法を講師の実演を交えて解説する。

板橋 幸久
(株式会社ハイバーテック)

14:00-14:50

高度なPLCプログラミング技術、OPC-UA解説
 高度なPLCプログラミング技術PLCプログラムの実行方式としてのスキャン処理について説明し、PLCのソフトウェアモデルとしてのコンフィグレーションやタスクについても紹介する。また、関連技術としてモーションやセーフティ、OPC-UA、フィールドネットワークとしてEtherCAT、TSNも紹介する。

福留 広晃
(ベッコフオートメーション株式会社)

15:00-15:50

PLCプログラミング言語とIEC 61131の現状
 5種類定義されているPLCプログラミング言語の特徴や参考文献を紹介する。さらに国際規格の現状や産業界での動向を紹介する。

栗林 秀企
(シュナイダーエレクトリックホールディング株式会社)

15:50-16:30

PLCのデータのやり取りとシミュレーションとデモの解説
 モデルとして実機のコンベアシステムを用いて、実際に制御システムのプログラムを作成し、モデルを制御することによりその動きを確認する。また、シミュレータを用いて効率的なプログラミング手法の習得やセンサデータの取得によるIoTデモを行う。

奥田 誠

16:30-16:40

フィールドネットワーク認証試験の紹介
 デジタル化された工場やプラントでは、下位のフィールド機器からデータを取得したり、制御指令を与えたりするためには、フィールドネットワークが使用されている。ここでは、KISTECで認証試験(コンフォーマンステスト)を実施している日本発のネットワークとして、CC-Link、FLnet、MECHATROLINK及びその実施状況について紹介する。

長尾 達明
(神奈川県立産業技術総合研究所)

16:40-17:00

質疑応答と個別相談 宮澤 以鋼
(神奈川県立産業技術総合研究所)

3月4日(金

10:00-11:00

ものづくりのDXにおけるサイバーフィジカルシステムと制御
 ものづくりのDXは、現実世界とデジタル世界を融合したサイバーフィジカルシステムにより、データを活用して自律的に全体を最適化することが課題である。その制御においては、動作手順を臨機応変に自律的に生成する事象駆動と、動作内容をデータに基づいて決定するデータ駆動の考え方が重要で、これらシステムの全体像とその制御方策について概説する。

高橋 宏治
(職業能力開発総合大学校教授)

 

本コースのねらい

 PLCこと「Programmable Logic ControllerController(プログラマブルロジックコントローラ )」は産業システムなどに使われる制御装置で、制御を必要とする工場、ビルおよびエレベーターや信号機など、ありとあらゆるところで使用されています。IoTやDXの推進により、ネットワークを使用したシステムが増えて PLCの機能も増大し、制御だけでなく、データ収集や処理などの機能も加わるようになってきました。PLCのプログラミングは制御ロジックが表しやすいことにより依然として図的表現のラダー図が多用されていますが、大規模制御システムの要請により、構造化しやすい言語への転換が進められ、テキスト系言語 STによる使用が推奨されています。

 本講座では、制御システムにおけるIoT、DXなどの最新技術も俯瞰しながら、PLCプログラミング言語STの特徴について理解し、構造化による制御システムの設計と構築について学習します。中小企業の技術者の方から、PLCエンジニアリングに携わる技術者および工場などにおけるIoT・DXの推進者の方を対象者としております。

 本講座を受講することにより、PLCの構造化プログラミングの手法を学び、構造化によるプログラミングの基本的考えを理解することにより、ラダー図ではわかりにくいシステム構築が可能となります。また、OPC-UAによるデータのやり取り、フィールドネットワークによるデータ通信なども理解し、IoTやDXなどのさらに上位システムとの連携や、データに基づくシミュレーションなども行い、新しいPLC技術を獲得することができます。

お申込みはこちら 申込要綱ボタン

重要(必ず以下の事項の詳細をご確認の上、お申込みください)

◆ZOOMの推奨環境を事前にご確認ください。必ず「オンライン講座に関する規約(下部参照)」をご確認の上、「かんたんお申込みフォーム」からお申込みください。
◆受講日前日までにお申込みいただいたご住所へ印刷テキストをお送りします。(お申込み住所以外に、テキスト送付先のご希望がある場合には、備考欄へご記入の上お申し込みください)
◆オンライン受講の場合は、PC( またはスマホ・タブレット)、インターネット通信環境(有線LAN 接続・Wi-Fi 推奨)、機器に接続可能なマイク、カメラ、スピーカーをご用意ください。(機器内蔵の場合は不要)

◆申込締切後、受講決定者には受講票・受講料請求書等の必要書類をお送りします。
◆ご受講資格はお申込みをいただいた方(1申込1名)に限ります。
◆申込締切後でも、定員に余裕がある場合はお申込みを受付けられる場合がありますのでお問合せください。
◆講義中、許可なく講義内容の一部、およびすべてを複製、転載または撮影、配布、印刷など、第三者の利用に供することを禁止します

◆やむを得ない事情により、日程・内容等の変更や中止をする場合があります。
◆その他、お申込みについてご不明な点は、主催者へお問い合わせください。

お申込みフォーム

– 募集を終了致しました。たくさんのお申し込みをありがとうございました。 –

パンフレット

パンフレットはこちら (PDF 約1.1MB)

オンライン講座に関する規約

こちらのPDFよりご確認ください

Zoom推奨環境

≫事前にアプリのインストールをしておくと、スムーズにご受講できます。以下の事前テストURLにアクセスしてください。

— 事前テストURL(マイク、スピーカー、カメラのテストが可能です)
こちらのリンクからご確認ください

≫ご利用機器の推奨環境・通信環境をご確認ください:

— 推奨環境・通信環境(PC)
こちらのリンクからご確認ください
— 推奨環境・通信環境(iOS・android)
こちらのリンクからご確認ください

【個人情報の利用及び提供の制限】

・申込書にご記入いただいた個人情報は、当所の事業等に関する情報の提供や参加者募集の案内等の範囲内で利用又は提供いたします。
・個人情報は、取り扱い目的以外に利用したり第三者に提供することはありません。

ご案内

この事業は、競輪の補助を受けて実施します。

主催

地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)

お問合せ

人材育成部 教育研修グループ
TEL : 044-819-2033 FAX : 044-819-2097

お問い合わせフォーム

*「お問い合わせ内容の選択」にて、「(溝の口)研修・教育に関すること」をお選びください。