新たなものづくりに向けて!3Dプリンターの活用法セミナー

~リコージャパン × (地独)神奈川県立産業技術総合研究所~

試作から、治具や型といったツール製作、さらには最終製品の製造にまで活用範囲が広がっている3Dプリンターですが、まだ活用イメージが掴めていないという方も多いのではないでしょうか。

今回のセミナーでは、「3Dプリンターによる生産改革の実践事例」や「超軟性造形が可能な3Dプリンター」をご紹介します。
また、3Dプリンターと同じような使い勝手で加工が可能な小型の切削機や、3Dプリンターと切削の使い分けに関する解説も行います。

会場 地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所 (KISTEC) 
海老名本部 2階 カンファレンスルーム  
(海老名市下今泉 705 -1)
開催日時 2020年12月07日(月) 13:30~16:40
定員 15名
参加費 無料
応募締め切り 2020年12月04日(金)
お申込み方法

参加をご希望の方は、こちら(リコージャパン株式会社のWEBサイト)よりお申込みください。

会場へのアクセス

こちらをご覧ください

主催 リコージャパン株式会社
地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)
協賛 ローランドディー.ジー.株式会社
後援 神奈川R&D推進協議会
備考

【受講に関するご案内】

新型コロナウイルス感染防止対策を実施の上 、開催いたします。

受講者の皆様におかれましては、受講の際、手指の消毒、マスク着用にご協力ください 。

 

プログラム

13:30~15:00 3Dプリンター・小型切削機による工程変更のご紹介

講師:山口 清 氏 他(リコージャパン株式会社 製造業ソリューション実践推進室 スペシャリストグループ)

3D-CADの普及により製品データを用いた高機能な治具設計が容易にできるようになりました。本セミナーでは、リコーの国内工場で実際に行われた樹脂治具を用いた生産改革に関してご説明します。 また、樹脂治具の製作に用いられる3Dプリンターと、小型切削機のそれぞれの特徴とその使い分け方をご紹介します。
15:10~15:40 KISTECにおける3Dプリンター造形支援及び新規導入「超軟性造形対応光造形3Dプリンター」のご紹介

講師:佐々 知栄子((地独)神奈川県立産業技術総合研究所 情報・生産技術部 デザイン・設計グループ)

KISTECの造形(試作)支援では、既存装置のインクジェット型3Dプリンターに加え、人肌のようなやわらかさ(ゴムショアA2)の造形からプラスチックの硬さ(アクリル樹脂)まで造形ができる「超軟性造形対応光造形3Dプリンター」を導入しました。各装置の仕様や性能、ご利用方法をご紹介するとともに、光造形3Dプリンターの精度に関する研究についてもご紹介いたします。
15:40~16:40 KISTEC 3Dプリンター見学ツアー

見学ツアーでは、セミナーにてご紹介の各装置造形サンプルなどをご覧になれます。※片班ツアー中の待ち時間は、会場設置の3Dプリンター実機をご紹介いたします。

問い合わせ先

リコージャパン株式会社
神奈川ソリューション第一営業部
担当:加藤 純一
E-mail:junichi_katoh@jp.ricoh.com