【技術連携提案受付中】神奈川県「さがみロボット産業特区」×「ロボット研究会」『オープンイノベーション交流会』

「さがみロボット産業特区」では、優れた生活支援ロボットの実用化を進めるため技術連携を促進するオープンイノベーションに取り組んでいます。

この一環として、この度、ロボットでの活用が期待される優れた画像・映像処理に関する技術シーズを紹介し、この技術の活用(技術連携)を希望する企業からの提案を募集する、技術マッチング活動を行います。

今回、技術連携提案の紹介先となる富士ソフト株式会社及びシーシーエス株式会社からの事業説明とこの分野における技術開発事例を紹介する交流会を開催します。

リーフレットはこちら→オープンイノベーション交流会のご案内

【講演資料(抜粋版)※12月4日(金)までの限定公開】

富士ソフト株式会社

シーシーエス株式会社

開催方法 ライブ配信型

Web会議ツール「Zoom」によるオンライン開催

※本イベントは、Zoom(Webinar)を利用して開催します。お申し込みいただいた方に、アクセス用のURLとパスコードをメール送付いたしますので、そちらを使用しご参加下さい。
※視聴にはZoomの約款に同意し、アプリをダウンロードしていただく必要があります。なお、イベントに参加する前に最新バージョンへのアップデートをお願いいたします。
※視聴いただく環境によって、ご覧いただけない場合もあります。また視聴にかかる通信費等は視聴する方の負担となります。
※Zoomの使用方法・操作方法については、当所ではサポートできませんのでご了承ください。

開催日時 2020年11月20日(金) 14:00~15:30
定員 100名
参加費 無料
応募締め切り 2020年11月13日(金)
主催 神奈川県、(地独)神奈川県立産業技術総合研究所、神奈川R&D推進協議会
協力 Kawasaki-NEDO Innovation Center、相模原市、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、愛川町、平塚商工会議所、藤沢商工会議所、茅ヶ崎商工会議所、厚木商工会議所、大和商工会議所、伊勢原市商工会、海老名商工会議所、座間市商工会、綾瀬市商工会、寒川町商工会、愛甲商工会、相模原商工会議所、城山商工会、津久井商工会、相模湖商工会、藤野商工会、 (公財)神奈川産業振興センター、(公財)川崎市産業振興財団、(公財)相模原市産業振興財団、(株)さがみはら産業創造センター、(公財)湘南産業振興財団、(公財)横須賀市産業振興財団、(公財)横浜企業経営支援財団、 (株)横浜銀行、(株)きらぼし銀行、横浜信用金庫、かながわ信用金庫、湘南信用金庫、川崎信用金庫、平塚信用金庫、さがみ信用金庫、中栄信用金庫、中南信用金庫、(一社)首都圏産業活性化協会  (予定含む)
備考

技術マッチングの流れ

紹介先となる画像・映像ソリューション企業の事業内容等の公開

※今回は富士ソフト株式会社及びシーシーエス株式会社から講演形式で事業内容を紹介していただきます。

画像・映像処理技術に関する技術連携提案を募集

※今回は富士ソフト株式会社及びシーシーエス株式会社に対する提案です。

 また、提案書をご提出いただく際に、神奈川R&D推進協議会ロボット研究会の加入申込みも可能です。

面談等の次の段階へ進む提案を選定し、応募企業に日時・場所・形式(面談・プレゼン等)を通知

※選定の際にはヒアリングを実施する場合がありますのでご協力ください。

※面談等に選定されなかった理由についてはお答えできかねますのでご了承ください。

今後の予定

・技術提案の募集 令和2年11月20日(金)~12月18日(金) 17:00

・技術提案の選定結果の通知 令和3年1月下旬

・面談等の実施 令和3年2月~3月

 

 

申込方法 ※「オープンイノベーション交流会」、「技術連携提案書」はそれぞれ申込が必要です

(1)オープンイノベーション交流会への参加について

締切11月13日(金)17:00まで 

※申込みは終了しました

 

(2)技術連携提案書の提出について

募集期間】1120日(金)~1218日(金)1700まで

「技術連携提案書」は以下よりダウンロードの上、募集期間内にsm-innovation@kistec.jpへご提出ください。

技術連携提案書

技術連携提案書(記載例)

 

注意事項

*講演内容(講演資料抜粋版)は本ページにて講演日以降2週間程度公開いたしますので、当日参加できなかった場合も、提案書の提出は可能です。

面談の対象となる企業は選定のうえ、決定します。技術提案していただいた企業の中で、技術提案先企業から面談希望がない場合は、面談は実施いたしませんので、あらかじめご承知のうえ、ご応募ください。

*ご提出いただいた情報は、本事業に関する運営のために使用し、提案企業、KISTEC、神奈川県産業振興課、企業所在地の特区内市町産業振興担当部署に共有します。

*お申し込みの際にいただいた個人情報は、主催者およびオンライン配信に協力いただく協力機関において、本事業に関する運営のために使用いたします。また、今後のセミナー等のご案内(DM、メールマガジン等)、講演する企業から情報提供のために使用する場合があります。これに同意いただける方のみ本イベントにお申込みいただけます。また、承諾なく第三者に提供することはありません。

プログラム

14:00~14:50 画像映像ソリューション企業による事業紹介
「映像データ削減技術によるコスト削減ソリューション」

講師:福永 弘毅 氏(富士ソフト株式会社)

検査結果のトレーサビリティや行動監視のカメラ録画など、製造現場で生成される画像・動画データの運用コストは増える一方です。 今までにない新たなアプローチでデータ量を削減し、コストダウンを実現する映像ソリューションをご紹介します。
「AIを用いて目視検査を自動化する取り組み」

講師:大澤 茂 氏(シーシーエス株式会社)

検査用照明メーカーのCCSから、目視検査の自動化を検討される製造業様へAI画像外観検査導入における重要なポイントとソリューションをご提案致します。
14:50~15:15 画像診断技術に関する技術開発事例紹介
「ロボットとDeep Learningを活用した設備維持管理」

講師:山崎 文敬 氏(株式会社イクシス)

コロナ禍においてDX化が各方面で推進されている中、設備の施工や維持管理においてもデジタルツインが注目を    集めています。設備の施工や維持管理の工程でロボットとDeep Learningによる画像解析を活用しデジタルツイン化することでDXの推進だけでなく同業界での社会問題の解決が期待されています。 本講演ではその一例を紹介させていただきます。

問い合わせ先

(地独)神奈川県立産業技術総合研究所 事業化支援部企画支援課
電話 046-236-1500(代表)