日本弁理士会主催知財セミナー その発明、もったいない!!~技術やアイデアを「使える権利」とするために~

フォーラム概要 せっかくの技術やアイデアも、明細書やクレームの記載内容によっては十分な効果が得られないかもしれません。
本セミナーでは、明細書・クレームの読み方から、強い特許を取るためのチェックポイントまで、例を挙げて解説します。
また、技術やアイデアを守るのに有効な意匠の使い方についても、例を挙げて解説します。
発表形式 ライブ配信型 (11/13 (金) 15:00 ~ 17:00)
講師・発表者 坂田 ゆかり(日本弁理士会関東会)

問い合わせ先 (地独)神奈川県立産業技術総合研究所 企画部 経営戦略課
 電話:046-236-1500(代表) FAX:046-236-1526

お申込みはこちらから(日本弁理士会webサイト)